×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

燕 第五話:私情




第五節―――――



―5日後・「巣」―

「ご苦労。」

イスカが言った。間を置いて言う。

「つらかったかもしれん・・・悪く思うな、休め。」

「いえ、」

低い、ユイらしからぬ低い暗い声だった。

「責任を、果たしたまでです・・・。失礼します。」

ユイは最後まで顔を上げず、影のかかった顔を下げ、部屋を出て行った。

イスカは障子を開け、雨の中、去っていくユイを眺めて聞いた。

「良かったのか、これで?」

「ああ、」

どこからとなく百舌が部屋の片隅から姿を出した。

「抜け忍のゲンは情と私事で勝手に任務を放棄した。最後は、本条菫、いや・・・」

百舌は口元に手をやり、訂正した。

「彼の置手紙で真相を知って駆けつけたランを、かばって息を引きとった。」

イスカは黙っていた。

「おそらく彼女、ユイは、ゲンが私情を挟んで死んだ、と感じているはずだ。想像以上に成功じゃよ。」

「お前の、人の見る目は相変わらずだな・・・たしかに、今後はいっそう引き締まるだろう。」

「結果はまだじゃよ。今回の件は、まだきっかけに過ぎん。このきっかけを通して、どう彼女が思考するか次第じゃ。答えまだまだ出ぬよ。」



ユイは回想した。

―ゲンが死んだ当日―

「あたし・・・なります!何でもします!!だから・・・私も忍にしてください!!」

菫は叫んだ。

「忍になって・・・玄一、いえ・・・ゲン様の仇を、貴方を絶対に倒してみせます!!」



豪雨に打たれながら、うつむいてずぶ濡れたユイは渡り廊下の前まで来た。するとガクが通りかかった。

「おい!ゆ、ユイ!」

照れ隠ししながらガクは袖から手ぬぐいを取り出した。

「風邪を引く、馬鹿はよしてこれで拭け!!」

顔はそっぽ向いて手だけ突き出す。が、空ぶったのか、ユイはそのまま前に進んでいった。

「おい!ゆ・・・女!」

ガクは憤慨した。

「せめて・・・拭いてから入れ!!」

ガクはそういって手ぬぐいを投げつけた。頭上を越え、手ぬぐいはうまくユイの手元に収まった。

「たく・・・名前で呼んでやったのに・・・。」



しばらく歩いてまた誰かとすれ違う、ふと見上げるとそれはリュウだった。だがユイは顔を深く下げ、そのまま二人ともお互いを通り過ぎた。

「どうした?」

リュウの声がかかった。

「らしくない・・・」

リュウは身を翻し、ユイの元へ歩み寄った。

「無理はするな。」

そう言って手ぬぐいを取り出し、ユイの頭を拭いてあげた。ついでにびしょぬれの頬を拭く。拭いているとユイの顔が上がった。拭いたばかりの頬には水滴が両の頬に水路を作っていた。

懐かしかった・・・会いたかった・・・甘えたかった・・・だが・・・・・・忍だから・・・ユイはそんな気持ちを胸の奥に、潤んではっきりしない視界の中リュウを見つめて、そして・・・。リュウの思いも寄らぬ優しさに、予想し得なかった感情に、ユイは我慢ができなかった。そのままリュウの胸にしがみつき、声を上げて泣いた。 リュウはそれを黙って、そのまま一緒に居てあげた。



「この句集・・・」

アンは自室でユイの読んでいた句集を読み終え、想いふける様子と表情でつぶやいた。

「恋の句集か・・・。」



燕 第五話:私情 ―完―






第六話:力





―予告―

髑髏の男はあざ笑う

髑髏の男は見透かす

髑髏の男にあって燕にないもの

朱雀にあって、燕にないものを

そして

燕の強さも、燕が恐れることさえも



「経験だ・・・経験の差だ・・・。」




BACK NEXT



TOP